EDIT EVENT
SATURDAY / 2020.03.21

TCPT presents ELECTRIC THUNDER feat. DA TWEEKAZ

Hardstyle界のスーパースターユニット「DA TWEEKAZ」(ダ・ツイーカズ)がageHaに初登場!

TCPT presents ELECTRIC THUNDER feat. DA TWEEKAZ

2020.03.21.SAT
OPEN 23:00

GET TICKET
PRICE|料金

ADVANCE TICKET|前売り券
EARLY BIRD TIER(早割): ¥3000

DOOR (Pay at the Door)
DOOR/当日 : ¥4000

BUY TICKET
iFlyer [ BUY ]  (English OK!!)

VIP TABLE
reserve@ageha.com
INVITATION TICKET INVALID
インビテーション・チケット 使用不可
ageHa PARKING CLOSED
MORE INFO TCPT
iFLYER

Hardstyle界のスーパースターユニット「DA TWEEKAZ」(ダ・ツイーカズ)がageHaに初登場!

Hardstyle界のスーパースターユニット「DA TWEEKAZ」(ダ・ツイーカズ)がageHaに初登場!
ノルウェー出身のHardstyleスーパースターユニット「DA TWEEKAZ」(ダ・ツイーカズ)が満を持して国内最大級の広さを誇るageHaのアリーナに登場!

彼らの事を知らなくても「イエガーマイスター!」と叫んだあとヨーデルが奏でられる曲「Jagermeister」や、アナと雪の女王の曲Let It Goのハードスタイルバージョン「Frozen」は耳にしたことがあるだろう。

Defqon.1,QlimaxなどのHardstyleの大型フェスはもちろん、TomorrowlandやEDCなど主要な大型フェスにもメインステージで登場するなど、Hardstyleファンならずともその人気は高い。 また昨年ageHaに登場したDarren Stylesとのユニット「Tweekacore」も人気でHardcoreファンからも注目されている。

そんな「DA TWEEKAZ」が昨年の年間観客動員数が1万人を超えたTCPT presents ageHaに登場!新たな伝説がここからはじまる!

GET TICKET
ARTIST ANNOUNCE
  • Da Tweekaz

    Da Tweekaz

    ダ・ツイーカーズ(Da Tweekaz)は、ノルウェーのハードスタイルバンド。

    http://ifyr.tv/aefa
  • TSUYOSHI SUZUKI (Matsuri Digital / Prana / GoKen)

    TSUYOSHI SUZUKI (Matsuri Digital / Prana / GoKen)

    日本大学芸術学部映画学科映像コース在学中の80年代後半、東京で本格的に音楽活動開始。当初は映像作家を目指していたが、DJ K.U.D.Oの主宰していた西麻布イエローでのイベント「アート」での経験が影響し、DJ表現に於けるそのインタラクティブ性に魅せられ、ダンスミュージックのDJとしてそのキャリアをスタートさせる。

    1993年単身渡英し、トランスレーベルMatsuri Productionsを立ち上げ数々のスマッシュヒット作を手がけ、同時にロンドンでのレギュラーイベントであるReturn To The Sourceの成功等で一躍世界のトップDJに。98年ISSEY MIYAKEの東京/パリコレクションの音楽担当、自身のエレクトロバンドJOUJOUKAもデビュー。

    2000年、拠点を東京に移し伝説のイベント「Tokio Drome」を主宰する。その後、エレクトロレーベルMadskippersを立ち上げ、東京発世界発信として10数枚のCDを世界リリースしていく。

    2007年、渋谷のCLUB ASIAにてレギュラーイベント「MADSKIPPERS」を隔月にてスタートさせ、クラブミュージックとロックミュージックの融合をコンセプトとした、日本を代表するオルタナティブエンターテインメントとして大成功を収める。2009年、GOA TRANCEリバイバルブームの先駆けとなるMatsuri Digitalを発足、往年の名作をWakyo Recordsよりデジタルリリース。

    2012年にはイスラエルのKrembo Recordsと共同制作したコンパイルアルバム「Classic Goa Trance From Tel Aviv」のリリースと同時に、新宿FACEにて開催したカウントダウンパーティ「REGENERATE」を大成功に収めた。カウントダウンパーティーや、野外フェスなど独自の路線で創り上げてきた新しいMatsuriとして、2015年3月ageHaで行ったTIMELESSには2000人以上の動員がありトランスシーンの大きな話題となった。新しいGOA TRANCE、未来系のGOA TRANCEを作るというヴィジョンを持ち活動を続けている。

    そして10年ぶりにサイケデリック・トランスの世界最高峰のイベントである、Boom Festivalのメインステージ出演を2016年に果たし、2018年には、Matsuri Productionsからの往年の名作を次々にリメイクした曲やコンピレーションをリリース。新 しいプロジェクトとして、UbarTmarとのGoKenも始動し、90年代のサイケデリックのクオリティを基準にした新しい音の探求をし続け活動中。

    http://ifyr.tv/a1UV
  • NATSUMI

    NATSUMI

    NATSUMI ( DJ / Producer ) Tokyo, Japan
    Bass Music, Hard Musicを中心にプレイし、
    アグレッシブなパフォーマンスがフロアにいる観客を瞬く間にヒートアップさせる。
    SNS総フォロワー数は約10万人。若手DJの中でもトップクラスの知名度と国内外たくさんのファンを持つ。

    5歳からピアノ、コーラス、ダンスを始め、幼少期から音楽に触れて育ち豊かな感性を持つ。
    19歳から地元である福岡県でCLUB DJとしての活動を始める。
    20歳から楽曲制作を始め、更なる活動の為上京。現在は東京を拠点とし活動している。
    2014〜2018年までは元Girls Unit TIDYとしてのEDMユニット活動でも数々の実績を残した。
    ユニット時代は主にBigroom, Bounceを中心に楽曲制作に取り組み、
    2017年には大手レコード会社ビクターエンタテインメントよりメジャーデビューを果たす。
    現在ソロ活動ではBass, Hard, Jungle Terror中心に制作の幅も広げている。

    2019年にはULTRA JAPAN, SUMMER SONICなど大型フェスに出演し、
    海外ツアー・全国ツアーも行なうなど、国内外で最も注目されているDJである。

    世界トップレベルのDJ、Laidback Luke主宰「Mixmash Records」
    divisionのOTWより「Shibuya」- Roy Dest & NATSUMI をリリース。
    Laidback Luke, JSTJRなどにサポートを受け、
    EDC Las Vegasのステージで楽曲がプレイされる。

    2017年のULTRA JAPAN Official After Partyでは
    世界的有名DJのSLUSHIIと60分間のB2Bセットを披露した。

    他にも
    DJ mag Japan 2019 Producer日本1位、
    Music Circus 2019 DJオーディション日本1位、
    DJane Mag 2019 世界ランク118位、日本2位、
    DJane Mag 2017 アジア47位、日本1位、
    iTunesアルバムランキング1位を獲得するなど
    数々の実績を残し、ラジオやテレビ等の音楽番組にもゲスト出演するなど飛躍が止まらないDJである。

    ●出演
    (海外)インドネシア, フィリピン, マレーシア, ミャンマー, 韓国
    (国内)42都道府県 主要クラブ
    ULTRA JAPAN 2019
    SUMMER SONIC 2019
    Music Circus Fukuoka 2019
    Water Run Festival、Bubble Run Festival、Water Wars Festival
    Zepp Tokyo、Zepp Fukuoka
    (メディア)関西サンテレビ、Abema TV、FM YOKOHAMA

    【SNS】
    ●Youtube
    https://www.youtube.com/channel/UCVjp8WELjKmVe7A4ewpWXGQ

    ●Instagram
    https://instagram.com/dj_natsumi/

    ●Twitter
    https://twitter.com/djnatsumi_jpn

    ●Facebook
    https://www.facebook.com/djnatsumi.jpn/

    ●Sound Cloud
    http://soundcloud.com/natsumi-suenaga/

    ●Mixcloud
    https://www.mixcloud.com/natsumisuenaga35/

    【Booking / Contact】
    djnatsumi‬.jpn@gmail.com


    http://ifyr.tv/aehP
  • Herald

    Herald

    2001年Reggaeのセレクターとして活動をスタートするが、その翌年初めて聴いたHardstyleに衝撃を受け転身。関東を中心に数多くのパーティに単身Hardstyleで挑み、確かな知識と卓越した選曲センスを武器にその勢いを加速させる。今ではageHa.WOMB.VISION.clubasiaといった関東屈指のクラブを中心に全国各地で活躍している傍ら、2014年にHardstyleの更なる布教を目指して、HardstyleパーティDefDistortionを始動。海外Hardstyle第1線で活躍するアーティストの来日も数多くサポートしており、オーガナイザーとしても勢力的に活動を行っている。2018年11月には新たに誕生したWARP SHINJUKUの2ndフロアにあたるbar Meteoにて第3金曜日開催のHARD PLANETを始動。翌12月には近年多彩なサブジャンルが生み出されてきているHardstyleを新旧余すことなく屈指た、自身初のオフィシャルHardstyle MixをiTunesやApple Music等からリリース。オリジナル楽曲の政策にも注力しており、日本のHardstyle新時代において彼の活躍には注目だ。

    http://ifyr.tv/acE8
  • Morphonics a.k.a. 紙袋

    Morphonics a.k.a. 紙袋

    1997年よりテクノDJとして「HASHIMOTO」名義にて数々のパーティーで活躍。自ら主催していたNu-NRGパーティー「ボトムライン」をはじめ「CROSS OVeR」「GROUND=ZERO」、アシッドテクノの草分け的パーティー「MASS」や「NEVER LAND」などのレジデンツを務め、野外レイヴでは「RAINBOW2000 HAKUSAN」TECHNICS GARDENや「DISCOVERY」@清里ハイランドパークなどに出演。2003年に名義を「Morphonics」に変更し活動再開。紙袋を被ったその独特な風貌で、日本のHardgrooveシーンを牽引するパーティー「EXTREMA」や「TOKYO HARDGROOVE SESSION」などに参加。2018年には何故か突如"脱紙袋"を宣言し、現在はHardstyleを中心に盛り上がりを見せている「DefDistortion」や、移動型RAVE「FANTASTIC5」へレジデントDJとして参加している。

    http://ifyr.tv/a2mR