EDIT EVENT
SATURDAY / 2019.12.28

SOLSTICE MUSIC presents : TIP .25th ANNIVERSARY

SOLSTICE MUSIC presents : TIP .25th ANNIVERSARY

2019.12.28.SAT
OPEN 23:00

PRICE|料金 (Pay at the Door)
DOOR / 当日 ¥6,000

ADVANCE TICKET|前売券
前売り:¥5,000

BUY TICKET

[ iFlyer ]
[ 楽天チケット ]
[ e-plus ]
[ ちけっとぴあ ]
[ ローソンチケット ]

VIP TABLE
ask : reserve@ageha.com

INVITATION TICKET INVALID
インビテーション・チケット 使用不可
ageHa PARKING OPEN
MORE INFO iFLYER

TIP RECORDS 25周年のセレブレーションをみんなで祝おう!
カウントダウン4日前の ageHa に TIPの豪華アーティストが大集結❣️

【注意事項】
※20歳以上からご入場頂けます。(身分証明書をご持参ください。)
※整理番号はございません。

【クレジット】
主催:SOLSTICE MUSIC
企画:SOLSTICE MUSIC
制作:SOLSTICE MUSIC
協力:ADN STATE

  • T.I.P. RECORDS

    ■LINE UP
    SHPONGLE DJ set
    RAJA RAM
    G.M.S
    LUCAS
    OUTSIDERS
    PSYCHEDELIC TRANCE
  • LOGISTE+BON

    ■LINE UP
    LUCAS (TECHNO SET)
    DJ K.U.D.O.
    KON & TEZ
    YUTA
    PG
    TECHNO
  • O=ZERO PRODUCTION Presents ”NEO SYSTEM”

    ■GUEST
    MIROK
    YOSHI
    ■LINE UP
    LAZZZY
    MICHIRU
    RYOOKY
    STICK
    ■VJ
    VJ Shira + Spike bloom
    PSYCHEDELIC TRANCE
  • UPPER BROTHERES Presents “BACK TO BACK DJ SPECIAL”

    ■LINE UP
    UPPER BROTHERS
    ENUOH & MATSUNAMI
    WADA HIROAKI & HIROKI HOSOI
    HOUSE / TECHNO
ARTIST ANNOUNCE
  • Shpongle

    Shpongle

    ビートジェネレーションから多大な影響を受けて以来、ジャズ、サイケデリック・ロック、プログレッシブ・ロックをクロスオーバーし、70年代にカルト的な人気を誇ったバンド、The Quintessenceのメンバーとして、また、数々の才能豊かなアーティスト達を送り出してきた自身主宰のレーベルT.I.P.のプロデューサーとして、サイケデリック・ミュージックへの探求に人生を捧げ、その存在はトランスの体現者としてシーンに絶対的なカリスマ性を持つRaja Ramと、元Killing JokeのYouthが主宰したButterfly Studioのサウンド・エンジニアとして90年代トランス・シーンの隆盛に大きく寄与し、メインであるHallucinogenをはじめ、The Infinity ProjectおよびThe Mystery Of The Yeti、Certic Crossなど数々の伝説的なプロジェクトに関わってきた天才、Simon Posfordのユニット、Shpongle。

    98年発表のデビューアルバム「Are You Shpongled?」で提示されたジャンルを超えた実験的なサウンドは早くから大きな話題を呼び、彼らの代表曲となった「Dorset Perception」や「Around the world in a tea daze」を収め、Sashaをはじめとしたプログレッシヴ・シーンのDJ達からも賞賛を集め世界的なヒットを記録した2001年のセカンドアルバム「Tales Of The Inexpressible」、3部作の最終章として位置づけられ、彼らに多大な影響を与えたTerence McKenna、William Blakeへのオマージュとも言える2005年のサードアルバム「Nothing Lasts… But Nothing is Lost」、そして、一旦は解散も語られていた中で、制作に2年を費やしShpongleの新たなスタートを高らかに告げた2009年のフォースアルバム「Ineffable Mysteries from Shpongleland」と、一連の作品で示されてきたロック、ダブ、トランス、アンビエント、世界各地のトライバルミュージックのエレメントがまるで万華鏡のように幾何学的な音世界を構築する、独創的かつ流麗なShpongleサウンドは、ジャンルはもとより年齢、人種などあらゆる壁を越えた多くの人々から熱狂的な支持を得ている。

    2001年に富士山麓で開催されたSolstice Music Festivalでの世界初ライヴ以降、イギリス最大規模を誇るGlastonbury Festivalや世界屈指の知名度を誇るアメリカのCoachella Valley Music and Arts Festivalをはじめ、Ozora Festival、Rainbow Serpent Festival等の大規模フェスティバルや、東京、ロンドン、モスクワ、シドニー等の世界各都市でパフォーマンスを披露。2011年からは本格的なアメリカ進出をスタートさせ、ニューヨークHammerstein BallroomやオークランドFox Oakland Theaterではチケットがソールドアウトするなど、素晴らしい結果を残した。 2011年9月にはFacebookにて、待ち望まれていた5thアルバムの制作を発表。続く11月には先行シングル「Museums of Consciousness」をリリースし、大きな期待を集めている。また、2012年は前年の成功を踏まえさらに規模を拡大したアメリカツアー、Shpongle presents The Masqueradeを開催。DJにキーボード、 シンセサイザー、フルートのライヴを組み込んだ新しいスタイルと共に、最新アルバムからの未発表トラックもふんだんに組み込んだ、これまでのShpongleのライブからさらに進化を遂げたパフォーマンスによって各地で喝采を浴びている。2013年3月の来日では、まさにその新しいパフォーマンスを披露するだろう。
    http://www.shpongle.com/

    http://ifyr.tv/a9J
  • RAJA RAM

    RAJA RAM

    DJ: RAJA RAM (T.I.P RECORDS / UK)
     1989年に自身のユニットTHE INFINITY PROJECTを結成、後にレーベルTIPを創設して伝道師のように世界各国にシーンの芽を広げ、その後も音楽とパーティーを媒体として成り立つコミュニケーション・ネットワークの持つ限り無い可能性を絶えず私たちに再認識させてきた偉大なる存在、RAJA RAM。70歳を迎えてなお、最も人気のあるDJのひとりとして、またSHPONGLE、1200 MICROGRAMSのメンバーとして文字通り世界中を舞台に活躍を続ける彼は、フルートの名手でもあり、さらに独自の世界観を持つイラストレーターとしても稀有な才能を持つ、まさに不世出のスーパーマルチアーティストである。
    http://myspace.com/rajaramtipworld

    http://ifyr.tv/aob
  • G.M.S

    G.M.S

    トランスシーンの最先端を音速で突っ走り続けるRIKTAM & BANSIのメイン・プロジェクト『GMS(ジー・エム・エス)』。1995年の結成時から18年以上、世界各地のフロアに熱狂の渦を巻き起こし独特のグルーヴ感とエネルギッシュなライブパフォーマンスで、トレンドマーク[フルオン]を発信し続け、2000年に設立した自身のレーベルSPUN RECORDSを始め、2010年に入り更に進化した音楽を追及してG.M.Sを主軸としたニューレーベル[STAR BOX]を設立、今やシーンを代表するレーベルとして大きな成功を収める。創設直後から多数の作品を発表、FINEPLAY RECORDSにも数々の作品を提供なかで、TH’09に収録されている[ANYTHM OF LIFE]、GLOBAL EXPOSITION vol.2に収録された[JUICE 2009MIX]などは、ダウンロードチャートにおいて最も話題となる曲になっています。また、同年、溢れんばかりの才能をテクノフィールドへと落とし込んだテクノユニット RIKTAM & BANZIを結成、Beatportランキングを席捲し、D-NOX主宰のレーベルSPROUTやDJ EMOK率いるIBOGA RECORDSからのリリースも好調に重ね、期待を裏切らないダンスチューンを披露。世界各地のフロアに熱狂の渦を巻き起こし独特のグルーヴ感とエネルギッシュなライブパフォーマンスで百戦錬磨と言われる強力なライヴを体験して下さい。

    http://ifyr.tv/a3l0
  • LUCAS

    LUCAS

    レーベルの総帥RAJA RAMから絶大な信頼を受け、世界中のツアーに同行しているTIP.WORLDのレジデントDJ。自身とUKトップ・アーティストとのコラボレーション・トラックを一挙収録した『LUCAS PRESENTS GOD SAVE THE MACHINES』が世界各地で大きな反響を集め、トラック・メイカーとしての評価も急上昇中している。そのDJプレイは、ゴリゴリとした硬派な音色を持つパワフルなキラー・チューンを優れたミックス・テクニックで次々と繰り出し、ダンス・フロアのテンションをグイグイと上げていくアグレッシブなスタイルが特徴。「UK系フルオン」の第一人者である。
    http://myspace.com/lucastipworld

    http://ifyr.tv/ao8
  • OUTSIDERS

    OUTSIDERS

    Outsiders is the exciting project of two significant producers based in sunny Israel - Haim Lev & Guy Malka.
    The Outsiders name has been fast developing and their releases have been backed and supported by an impressive number of international covering pretty much of the the top international circuit.Outsiders have released a bundle of successful original releases and a bountiful collaboration & remix tracks from the likes of Tristan, Symbolic, Laughing Buddha, Avalon, Electric Universe, Rinkadink, Burn In Noise, to name few.
    The Outsiders sound is always evolving and is highly influenced by the duos global interactions.

    http://soundcloud.com/outsidersmusic
    https://www.facebook.com/outsidersofficial/

    http://ifyr.tv/ad1z
  • DJ K.U.D.O.

    DJ K.U.D.O.

    80年代後期から90年代前半に渡り、DJ K.U.D.O.名義で国内におけるテクノミュージックシーンのパイオニア的な役割を果たし、昨年DJ40周年を迎え現在も第一線で活躍するDJ・プロデューサー。日本のトランス・テクノ・シー ンの起源となるCaveの “trance night” やY ellowの”A.R.T.”、”Zero”などで多くの伝説的パーティを創りあげここでの体験に大きなインスパイアを受けたDJ達も数多い。 そして「アート・コア + フリー・スピリ ッツ」の意味を持つARTMANに改名後、 ジャンルを超えた音楽をプレイするよう になり、 RAINBOW2000、春風、渚音楽祭を始めとする数々の大規模イベントで活 躍。ま た、プロデューサーとしても、オリジナル・ミュージックをEast Edge、TDK Records、F-Communications (仏)、Chillscape、Kin Sound Recordings、Solstice Musicなどからリリースして きた。00年アンビエント・アルバム『ARTMAN / RE: SORT』は今も尚語り継がれている名作。 03年には、自身のレーベル Qooki Recordsを立ち上げ、研ぎ澄まされた独自の感覚 と経験に裏打ちされた極上のエレクトロニック・ミュージックを日々提供し続けて いる。そして本年度待望のニューアルバムを製作中。

    http://www.discogs.com/artist/105102-Artman

    http://www.discogs.com/artist/22753-DJ-Kudo

    http://ifyr.tv/a1K8
  • Kon

    Kon

      2001年Primitive presents PRIMEの立ち上げをきっかけにレジデントとして活動開始。重厚でグルーヴィーなテックミュージックをハメ込んでいく、パワフルなミックスを得意とする。これまでに3MやPGとのTRAKTORユニットPREMIERなどで活動し、様々なナイスパーティーに参加。10年はERR,渚,Ageha,NEVER LANDなどでもプレイし、また自身オーガナイズプリミティブ(現在は不定期)では、国内外の旬なアーティストを招聘し、さまざまな音楽にアプローチをしながらクラブカルチャーの中で自然にジワリと自由なスタイルを広げてきた。ジャンルがクロスオーバーするシーンの中で、良質なエレクトロミュージックをいつも探り、オーディエンスを独特の陶酔感へ誘い込む稀有なDJ。




    http://ifyr.tv/ahJ
  • TEZ

    TEZ

    DJ TEZ(BoshkeBeats/Ring)
    97年より関西でテックトランスパーティー『RING』を開始。
    00年にはスペインのテックトランスレーベル『BOSHKE BEATS』のオフィシャルDJに抜擢される。
    05年からは東京発、ダブテクノレーベル『GEMINI RECORDINGS』、08年から『RAFTTOKYO』のレジデントDJを務める。
    ここ最近では10年ぶりに『RING』を復活させ関西の一部のシーンで話題を呼んでいる。

    http://ifyr.tv/a2pH
  • YUTA (Liquid Drop Groove / Landscape)

    YUTA (Liquid Drop Groove / Landscape)

    2003年よりキャリアをスタート。DJを軸に、オーガナイザー・レーベルA&R・ブッキングマネージメント等、遊び心から生まれるアイデアと溢れるビジョンを形にし続け様々な角度から「トランシー・アシッディー・トリッピーTECHNO」と「サイケデリックなDOWNBEAT」を仕掛ける国内パーティシーンのプロデューサーとして中核を担う。

    2010年以降に世界規模で発生したレトロゴアトランスのリバイバルブーム旋風を巻き起こした仕掛け人の一人としてトランスシーンに大きな功績を残し、世界的に注目される。
    「一滴が水面に創造する波紋状な音と空間」を根底に2016年09月にPsychedelic Technoレーベル&パーティ “Liquid Drop Groove” を発足、日本全国・世界各地で展開する。さらには2017年にブッキングエージェント “Matsuri Beats Bookings”、2019年には「絶景で聴きたい音楽」をテーマにディープ・モダン・サイケデリックなDOWNBEATレーベル&パーティ “Landscape” を始動。

    メインアクティビティとするDJでは、時に螺旋を描き、時に波紋状に広がる深く壮大な世界観の構築を得意とするプレイで世界を渡り歩く。
    3度に渡るECLIPSE FESTIVAL、ハンガリーOZORA、オランダPsy Fi、スペインLost Theory、クロアチアModem、パナマTribal Gatheringや他多数、テルアビブ・マドリード・バンコク・深?・マカオ等のクラブに、国内においては春風、Re:birth、Mother、SOLSTICE、rural、Reboot等に出演。

    OZORAが主宰するインターネットラジオ “radiOzora” では自身のポッドキャストを持ち、Dommuneにて一定サイクルでレーベルショーケース開催、国内最高峰ミュージックマガジン “クラベリア” を筆頭にWEBマガジンにその活動を取り上げられる。

    2019年もヨーロッパやアジア全域を中心に、オセアニア、中近東、中米など世界中からオファーが絶えない日本人の一人。自身のレーベルから多くのリリースも控えている。

    アジアでの一人旅をきっかけに自分の感性を信じ、人生=サイケデリック・アートと悟り「意識改革」となる活動を続けている。

    [YUTA]
    Liquid Drop Groove
    http://www.liquiddropgroove.com
    https://www.facebook.com/LiquidDropGroove
    https://soundcloud.com/liquiddropgroove
    https://www.youtube.com/channel/UCU2rrfOUttw79YorB0z6XRQ

    Mixcloud
    http://www.mixcloud.com/goadjyuta

    [Release Info]
    DJ MIX “Tribe On Goa” from Sunflowers Of Today
    http://www.sunflowers-of-today.org/release_yuta.html

    KORE KOSMOU Ride Remix from Wakyo Records
    https://pro.beatport.com/label/wakyo-records/3715

    Release from Liquid Drop Groove
    https://www.liquiddropgroove.com/release

    Past release from Matsuri Digital
    http://matsuri-digital.jp/?page_id=398

    Past release from Matsuri Chill
    https://www.beatport.com/label/matsuri-digital-chill/67093

    http://ifyr.tv/a68r
  • UPPER BROTHERS

    UPPER BROTHERS

    ZIPANGで結成された爆破系DJユニット!!
    天然アフロヘアーのZEN ◯と 美容師のMASARUによる世界平和への祈り。
    ULTRA JAPAN 2018 official after party への出演や、SOLSTICE MUSIC FES にてB to B FLOORのプロデュースを手がけるなど、クラブやフェス・レイブはもちろん、ファッションイベントやセレモニー・祭りなど様々なフィールドで活動中。

    http://ifyr.tv/aep3
  • ENUOH

    ENUOH

    変幻自在のHOUSEセットを武器に、都内各所のクラブやバーを中心に20年以上のDJキャリアを積んできたENUOH。東京生まれでホームタウンは渋谷。90年代初頭、芝浦GOLD、西麻布YELLOWをはじめとするナイトクラブシーンに魅せられ93年よりDJを始める。変幻自在のセットを武器に、都内各所のクラブやバーを中心にHOUSEスタイルのDJとして活動中。小学生時代はエレクトーンとファミコン三昧。ゲーム音楽の録音編集の傍らパソコンで打ち込みを始める。以後、電子音楽漬けの生活へ。

    10代の多感な時期多くの時間を、世界一のレコ屋密集地区であった宇田川町で過ごす事により培われた音楽センスは渋谷育ちならではのものがあり、その経験によって裏打ちされた音叉のように共振するHOUSE MUSICを軸としたDJスタイルは、パーティーのオープンからラスト、高級ラウンジバーからアンダーグラウンド野外フェスまで「場」の空気と共鳴し、増幅させるオールラウンドタイプ。選曲スタイルは広義でのHOUSE MUSIC。DEEP・TECH、2つのエッセンスとユルめのPROG・NuDISCOフレイヴァをハウスマナーに基づき組み上げてゆく安定感のあるセットが特徴。

    自身のレジデントパーティーとして『10CountBlock』『ΦΤΦ』『FUTURE PRIMITIVE』を代官山AIR、青山OATHにて開催してきた。また、アジア各国で開催している『Asian Exchange Project』にて韓国からオファーを受け世界進出という新たなステージへと突入した。2015年の香港・マカオツアーでも彼のプレイは現地オーディエンスを熱狂の渦に巻き込み、質の高さを海外でも実証した。2016年から青山OATHの箱企画レギュラーパーティ『THE OATH』のレジデントDJとして第三土曜を隔月で担当している。

    自他ともに認める無類のパーティーフリークとして知られるENUOHから発信される音は、違いの解るコアなオーディエンスの注目を集め、変わり続ける東京アンダーグラウンドのメインストリームに存在している。アンダーグラウンドという括りを飛び越え、まさに東京ハウスサウンドと言って過言はないだろう。


    http://soundcloud.com/enuoh
    http://www.mixcloud.com/ENUOH
    http://www.facebook.com/ENUOH
    http://twitter.com/ENUOH

    http://ifyr.tv/a2gN
  • MATSUNAMI

    MATSUNAMI

    千葉にてDJ活動を開始し、04年に"TRI-BUTE"を開始してからは都内での活動が本格化。"TRI-BUTE"、"光響"を中心として、その選曲センス、ダンスミュージックへの幅広い見識によって評価を確立してきた。音楽に対する探究心は熱く、幅広いバックグラウンドからくる彼のDJセットは常に新鮮。マニア心をくすぐるスタイリッシュな選曲で一気に頭角を現し、テックハウス、エレクトロを中心にファンキーでありながらもディープさを失わずに展開される世界観は他に類を見ない。ageHaやAIRをはじめとする都内各所から野外まで、20回以上の開催を数える"TRI-BUTE"では多くの国内外トップアーティストを招聘するとともに、独自のスタンスと完成度によってプログレッシブ系パーティとしてシーンにおける地位を確立。ますます活動の幅を広げる彼の動向からは目が離せない。
    http://www.myspace.com/djmatsunami


    http://ifyr.tv/acP
  • HIROAKI WADA

    HIROAKI WADA

    HIROAKI WADA
    (SPACE SEEDS)

    16歳より小岩のイトーヨーカドー前で、
    ストーリートダンスに目覚め、
    JAZZを中心としたダンサーとしてのキャリアを持つ。

    ダンサー・リスナーとして都内のクラブや野外フェスで、
    音と一体にフロアで表現してきた経験を携え、
    2015年5月より新たにDJとしての経歴をスタートさせた。

    ARTIFACT feat.DAVE CLARKE & KEN ISHII at VisionにてDJデビュー。

    都内でシーンをリードする新進気鋭のオーガナイザーSPACE FLOWERの
    次世代プロジェクト『SPACE SEEDS』のレジデントとして
    その他都内主要クラブ、野外フェスなどでプレイ中。

    テクノ・ミニマル・アシッドを中心に、
    ダンサーとしてフロアで踊り磨いてきた感性から展開されるDJ Styleは、
    本当に音を愛するものでなければ持ち得ない豊かな表現力と、
    心を動かす波動を感じる。

    全てさらけ出せる潔さ、飽くなき探求心と好奇心を持つ彼だからこそできる
    周囲を巻き込んで繰り広げられるプレイは、BPMに関わらず、
    独自の感性から放たれるグルーブ感と世界観で、それを感じる者の足をダンスさせ続ける。


    ■MixCloud
    https://m.mixcloud.com/hiroakiwada969/
    ■Twitter
    @HIRO_SPACESEEDS
    ■FaceBook
    https://m.facebook.com/hiroaki.wada.969

    http://ifyr.tv/acC8
  • HIROKI HOSOI

    HIROKI HOSOI

    Trance Music に感化され、2004年より DJ 活動を開始し、多数のアーティスト共演をバックボーンに、精力的な活動を繰り広げている HIROKI HOSOI。2009年より Techno/House と枠を広げ、これまでに盟友 Naoto と共に、Womb、Vision、ageha等、大きなフィールドで着実に実績を積んできた。DJでは大胆なエフェクト、イコライジング、そして彼の代名詞であるギミックテクニックを武器に、どの時間もコンスタントにこなし、数多くのオーディエンスを唸らせてきた。Funky な Track を駆使し、聴く人間全てを笑顔に変える彼のプレイスタイルを是非フロアで感じて頂きたい。現在は、Track制作にも力を入れているようである。
    2009年より野外を主とした『 ELEC-TION 』を始動し毎年、年に数回開催される航空記念公園野外音楽堂でのパーティーは大成功であり、2018年7月8日(日)はSPECIAL GUESTに何とSQLが日本初来日であり航空記念公園野外音楽堂での開催が決まっている。
    今後の彼の動きに注目したい。

    Soundcloud: https://soundcloud.com/hiroki-hosoi-mix/autumn-moon
    Mixcloud: https://www.mixcloud.com/hosoihiroki5/elec-tion-2017-namesawa/
    twitter: https://twitter.com/followers
    facebook: https://www.facebook.com/hosoi.hiroki.5
    Beatport: https://dj.beatport.com/profile/109658
    ELEC-TION: https://electro-creation.com/

    http://ifyr.tv/a6Ga
  • Mirok

    Mirok

    日本出身のMIROK。幼少期から芸術に興味があり美術大学を卒業。 在学中にサイトランスに出会い感銘を受け制作を開始する。 2012年、HINOWA RECORDINGSのコンピレーションへの参加をきっかけに同レーベルに所属する。2012年秋、GRASSHOPPER RECORDSへ所属し、2013年6月1st EP MAITREYAをリリース。2014年5月初の海外遠征となったTHE AEON GATHERING(メキシコ)では、プログレッシブかつサイケデリックなサウンドプロダクションを展開し多くのオーディエンスから賞賛を得た。2015年はヨーロッパツアーを予定している。



    http://ifyr.tv/a5Pn
  • DJ LAZZZY

    DJ LAZZZY

    大阪出身の中二病DJ
    HARDCORE PUNK と SLASH METAL に多大な影響を受けた攻撃的かつ、ドライブ感のある NIGHT FULL ON をプレイ。
    Midnight 〜 Twilight の時間帯を最も得意とし、腰の座った重めのtrackを用いた独自のグルーヴを探求する。
    2016年1月 無二の親友であるDJ SHIVA、VJ Space jackと共に” onosim ”を始動。
    大阪市内を中心に毎回テーマを掲げ、コアなパーティーを展開。

    2016年11月 DJ LuLuと共にオルタナティブな感性を持つ次世代のパーティーオーガナイズクルー” 0=zero ”を立ち上げる。
    東京都内を中心に、PSYCHEDELIC とPROGRESSIVE の二軸構成で開催される” 0=zero ”は、常に革新的な取り組みと次世代のアーティストの発掘を行う。

    2017年10月 南米メキシコのレーベル Alien records の japan tour を開催。
    PROGRESSIVE TRANCE から派生した新たなジャンル FUTUREPROG のアーティスト” Mandoragora ” と DJ MACK & DJ MOON の New project ” Special M ”の来日をサポート。

    2018年3月 イタリアの名門レーベル Looney moon records の新鋭アーティスト Radikal moodz と共にアジアツアーを開催し、ベトナムの地でもPLAYし活動の幅を広げている。

    http://ifyr.tv/a2Zd
  • Michiru
  • STICK

    STICK

    STICK (Reversible Records/PsYeNcE CUBE/0=zero/Shadow Game)
    200X年、Psychedelic Tranceに出会う。
    2009年DJ機材を買いDJ活動をスタートする!
    2014年 野外でDJをしたのをキッカケにpsychedelic tranceDJにシフトチェンジ。
    2016年 Poo-chii率いるPsYeNcE CUBEに所属。
    2017年 イチ押しの海外アーティストを積極的に招待し関西のpartyシーンの底上げを目標に掲げたpsychedelic party【Shadow Game】を始動する。
    2018年 ヨーロッパに3週間のDJ修業の旅に出てドイツのOpen Air Party【S P A C E O D Y S S E E 2018】に出演し帰国。
    2019年 東京を拠点に活動する次世代を担うオーガナイズチーム0=ZEROに所属し関東地区にも活動の幅を広げる。
    同年7月、スペインを拠点としポルトガルと強い繋がりを持つ新鋭レーベル、Reversible Recordsに所属しofficial DJとして活動開始。
    これからの活動に乞うご期待。


    Psy trance dj project by Junpei Nishimura.
    He starts DJing in 2009, from Osaka.
    In 2014, he used to play progressive until now, but changed to psychedelic trance.

    Joined PsYeNcE CUBE, Osaka psy trance team in 2016.

    From 2017 to the present, he has invited foreign country artists he recommends to Japan to hold a Party. The name is [Shadow Game]

    2018 Appeared in the Open Air Party [S P A C E O D Y S E E 20 18] held in Germany.
    2019 Joined Tokyo-based Psy trance team [0 = ZERO].
    And he join to ReversibleRecords where NINESENSE acts as a label manager in July, 2019.

    http://ifyr.tv/a2NP