EDIT EVENT
SUNDAY / 2020.07.19

ageHa Summer 2020 Opening Party Day2

ageHa Summer 2020 Opening Party開催!2日目はいつもと違ったageHaの楽しみ方、未成年OK、デイタイムのオープンエアーパーティー!

ageHa Summer 2020 Opening Party Day2

2020.07.19.SUN
OPEN 14:00

GET TICKET

PRICE|料金
DOOR |(Pay at the door)
DOOR / 当日券 : ¥3,000
U-19 / 未成年・当日券 : ¥2,000
小学生以下:入場無料 

□ ADVANCE TICKETS|前売り券
GA / 通常前売 : ¥2,500
STUDENT TICKET : ¥1,500 (未成年OK・要学生証)

※ 別途 1ドリンク代 ¥600を頂戴いたします。

BUY TICKETS
iFLYER/ZAIKO : BUY
<7月4日(土) 12:00 - 7月19日(日) 13:00>(払戻可)

VIP TABLE
ask : reserve@ageha.com

INVITATION TICKET VALID
インビテーション・チケット 使用可
ageHa PARKING OPEN
MORE INFO iFLYER

ageHa Summer 2020 Opening Party開催!2日目はいつもと違ったageHaの楽しみ方、未成年OK、デイタイムのオープンエアーパーティー!

#ageHaSummer20 Opening Party
7月18日(土)のオールナイトパーティー、19日(日)のデイタイムパーティー(未成年入場可能)より2020年のageHaの夏をスタートします。

19日(日)は、オールナイトで遊べない未成年・キッズも入場可能なデイタイムサマーパーティーを開催。
人気ハウスパーティー”EUREKA”がWATERエリアをプロデュース。
レギュラー陣に加え、DJ NORI、SARASAの出演も決定!

芝生と砂浜の広がるPARKエリアは、イベントやクラブのプロデュースを手がける”Yellow coke design club”が、最高のロケーションをパーティーメイクします。

特設ブース、ex-BOXではDJスクール「IDPS」とのコラボによるDJ公募企画がスタート!
1週間のスピード選考でageHaに出演のチャンス!
詳しくは、こちら : http://www.ageha-artplus.com/

フードブース、スペシャルドリンクもあり、ご家族でも安全に楽しめるパーティー!溜まったストレスを解放しよう!

5ヶ月ぶりに皆様とお会いできることを楽しみにしております。

※未成年入場可能ですがキッズメインのイベントではありません。
キッズエリア等はございませんのであらかじめご了承ください。
小学生以下は入場無料となります。必ず保護者の方が同伴ください。
渋谷からの無料シャトルバスの運行はございません。



・密閉空間を避けるため、屋外エリアを中心としたイベントを期間限定で行います。
・密集を緩和するために人数制限を行います。
・密接とならない様、全ての方にフィジカルディスタンス(1-1.5m)の確保をお願いします。

全てのお客様(スタッフ、アーティスト共通)に、
・検温(37.5度以上の方は入場禁止)
・マスクの着用
・小まめな消毒
をお願いしております。

※ 連絡先情報の登録は前売り購入の際が一番効率的で、当日の入場もスムーズです。是非前売りチケット(枚数限定)をご購入ください。前売りチケットは当日まで払い戻し可能(払い戻し手数料はageHaが負担)とします。

店内でのルールに関しては、アゲハガイドラインをご確認の上ご参加ください。
http://www.ageha.com/news/article/?id=4535

政府または都からの要請によりイベント内容は変更になる場合がございます。
あらかじめご了承ください。


【ageHa ENGLISH WEBSITE】
http://www.ageha.com/en

  • ageHa Summer 2020 Opening Party by Eureka!

    ■GUEST
    DJ NORI
    SARASA
    ■ LINE UP
    Midori Aoyama
    sio
    hiroshi kinoshita
    House
  • ART+Stream #01 Collaboration with IDPS

    ■ LINE UP
    FUNKY GONG (IDPS / MATSURI DIGITAL)
    MICHIRU (IDPS / 0=zero)
    3 DJs from Open Call
    ====================
    【MUMM LOUNGE @PARK】
    ageHa Summer 2020 Opening Partby Yellow coke design club
    ■ LINE UP
    DJ KEKKE
    DJ KYOKO
    DJ moca
    USkey(SASAZUKABOWL)
    YUSKAY
    DopeOnigiri
    MC JIROtokyo
    Wide-range dance music / Hip Hop / house / Lounge
GET TICKET
ARTIST ANNOUNCE
  • DJ NORI

    DJ NORI

    ’86年に渡米、LARRY LEVANと共にプレイする経験を持つ。映画『MAESTRO』では、世界のダンスミュージック・シーンに最も影響を与えたパイオニアとして出演。’06年、初のミックス・アルバム『LOFT MIX』をリリース。
    ’09年、彼のキャリア集大成ともいえる“DJ NORI 30TH ANNIVERSARY”を開催し、前人未到の30時間ロングセットを達成。2013年6月より青山ZEROにて新パーティ<Tree>を始動した。

    同年、<Salsoul>と<West End>の音源をミックスした『Spirit Of Sunshine – Nori’s West End Mix』を<OCTAVE LAB>よりリリースし海外でも人気のシリーズとなる。
    また奇才プロデューサー、Maurice Fultonとの交流も深く、モーリス来日時に共同制作した楽曲を収めたEP『We Don’t Know EP』<Running Back / Bubbletease Communications>も国内外で高い評価を得ており、楽曲制作においても活躍。

    2015年11月25日に、再びミックスCD『Take The N Train -Nori’s Mix-』を<OCTAVE-LAB>よりリリース。

    DJとしてのキャリア35年以上となる今も、ラジオ出演、ロンドンやNYでの海外公演、さらにレギュラーパーティ<GALLERY><TREE>をいまだ精力的に続けており、音楽のかけ方、音楽そのものの表現方法を知る、世界の至宝と呼ばれる所以となる。

    http://ifyr.tv/acRW
  • DJ SARASA

    DJ SARASA

    Questlove (The Roots) 「DJ SARASAはヤバいDJだ。気を抜いて外見で判断したら、俺みたいに17曲連続でShazamして、このドラムブレイクはこの曲からだったのか!!!みたいな事になるぞ 。東京での最高な夜だ。」
    Notrax 「異色なほどハードコアな選曲」、「東京屈指のパーティーガール」
    Warp Magazine 「今知らなくてはならな次世代ミュージシャン」
    Floor Magazine「今本誌が注目するDJ」
    Samurai Magazine「ニュージェネレーション」
    
Myspace Japan「今ストリートで最も注目されるDJ SARASA」
    Macka-Chin(Nitro Microphone Underground)「2008年最も衝撃を受けた人物」
    
Luire 「シーンの最前線にいるアーティスト達」

    Ollie「Tokyo V.I.P.」

    日本はもとより、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ドバイ、ドイツ、インド、そして中国、台湾、シンガポール、マレーシア、タイなどアジア各国を含めプレイし、自身でプロデュースしたHIP HOP LINEスタンプは全米1位を獲得。Ghostface KillahのPV “Rise of the Ghostface Killah” や Talib Kweliの“Turnt Up”にも出演をするなど世界を股にかけるDJとして現在活動中。

    18歳でカナダにてラジオDJとしてキャリアをスタートし、日本に帰国後は映画『RIZE』や『Block Party』の国内配給に携わると共に本格的にクラブDJとしての活動を開始。これまでPete Rock、Questlove (The Roots)、Talib Kweli, Mayer Hawthorne など様々なキーアーティストとイベントにて共演経験を果たし、J Dillaの実弟であるIlla Jの日本公演では彼のバックDJも務めた。

    Funk、Disco、Soul、BreakbeatsやHouseもクロスオーバーさせる独自の選曲とDJスキルで、5,000人以上が集まるシンガポール最大級のストリートパーティからBlue Note New Yorkでのハリケーン・サンディの被災者支援イベントまで、さまざまなタイプのイベントに対応できる柔軟なプレイで好評を得ている。

    自らイベントのオーガナイズも行なっており、ヒップホップの原点であるBboy/Bgirlカルチャーやヒップホップの歴史まで楽しめるパーティ『Midnight Block Party』(at MICROCOSMOS)を主催。さらに2012年末に開催した『Legends』(at SOUND MUSEUM VISION)ではあのGrandmaster Flashをゲストに迎え、大盛況に終わった。

    幅広いテーマ別にリリースされる彼女のコンピレーションやミックスCDは全16作 (2013年2月現在) 。
’96年〜’00年のアンダーグラウンドヒップホップのみで構成されたミックスCD『Searchlight Vol.1』『Searchlight Vol.2』は初回セットが即完売。P-Vine Recordsからは全3作からなるファンクコンピレーション『Paradise Funk』シリーズをデジタルリリースし、Jazzy Sportとのコラボレーションで歌ものも交えたアンビエントなヒップホップミックスCD『Love Lost』をリリースするなど、コアなリスナーを中心に高い評価を受けている。

    さらに東京を代表する新世代のファッションアイコンとしてさまざまな雑誌でその着こなしがピックアップされ、Louis Vuitton、Rugby by Ralph Lauren、FOSSIL、CASIO、adidasなどをクライアントに、ブランド主催のパーティでDJなども務めてきた。2010年には自身のクロージングブランドを立ち上げ、NYの生きる伝説とも言えるアーティストP.H.A.S.E.2をはじめ、MSGR、KIKS TYOといったブランドやManhattan Recordsなどともコラボレーションを果たし、ストリートからも高い支持を得ている。また、が2012年にリリースしたトランプ『Hip Hop Playing Cards』はThe Source、Hypebeast、Freshness Magazineなどにもピックアップされ、その名前はワールドワイドに広がっている


    http://ifyr.tv/a2gx
  • DJ KEKKE

    DJ KEKKE

    2002年、地元札幌を拠点にDJ活動をスタート。
    国内外問わず、年間400本を超える日々圧倒的な場数をこなし国内トップクラスのDJとして君臨中。
    東京を拠点に全国各地、アメリカ、ヨーロッパ、アジア等を勢力的に飛び回る傍、LADY GAGAやNE-YOなどのメジャーアーティストから、A$AP ROCKY、A$AP FERG、FUTURE、WIZ KHALIFA、ICE CUBE、YG、SKEPTAをはじめとする世界的なHIPHOPアーティストのオープニングアクトや、世界最大級のダンスミュージックフェスの一つである「ULTRA JAPAN」や「EDC JAPAN」のメインステージにHIPHOP DJとしては異例の出演も果たすなど、クラブDJの可能性を常に第一線で牽引し続けている。
    2017年からはインターネットテレビ局「AbemaTV」のHIPHOPチャンネル”AbemaMix”で1日平均20万人が視聴する中、毎週火曜日のMixerを担当。またDef Jamレコーディングス期待のアーティスト「SWAY」のオフィシャルDJも務めており、常にオーバーグラウンドとアンダーグラウンドを行き来する重要な存在となっている。
    2019年末には自身初となるワンマンDJが開催され、オープンからラストまで420分を一人でDJし、雨の日曜日の渋谷に駆けつけた500人以上のオーディエンスを終始沸かせ、クラブシーンに残る伝説の一夜を作り上げた。また同年、block.fmの人気HIPHOP番組”Inside Out”にて「DJ of the year」を獲得するなど日本のTOP DJとして君臨し続けている。

    http://ifyr.tv/aaQt
  • MIDORI AOYAMA

    MIDORI AOYAMA

    東京、渋谷生まれのDJ、プロデューサー。英国ロンドンに滞在した経験から独自のコネクションを持ち、House MusicのDJとして都内各所のClubで多くのPartyに参加。12年に自身もフロントマンを務めるイベント「EUREKA!」が始動。青山Loopでの定期開催を経て13年にはUKからReel People / The Layaboutsを招きelevenにて開催。その後も、module、Zero、AIRと様々な会場に場所を移しながら、過去にJullian Gomes、Kyodai、Detroit Swindle、Atjazz、Lay-Farなど気鋭のアーティストの来日を手がけた。これまでイギリス、オランダ、スェーデン、韓国などでのDJ経験もあり、活動の場を世界へと広げ、2013年にはRasmus Faberの2ndアルバム「WE LAUGH WE DANCE WE CRY」にも収録されている「Rasmus Faber feat. Kirsty Hawkshaw / Clear Rain」をRemix。また、ラジオDJとして自主制作ラジオ「green groove」のパーソナリティも行っている。そして15年にはEUREKA!もレーベルとして始動。第一弾にスウェーデンの新興レーベル「Local Talk」とコラボレーションし、自身が選曲、ミックスを務めた「Local Talk VS EUREKA! - Our Quality House」第2弾にはロシアのアーティストLay-Farのアルバム「How I Communicate」など日本限定盤のCDリリースを手がける。2016年にはWOMBでもEUREKA!を開催。9月には初のEP「Crackazat - Coffee Time」をリリースするなど、レーベルとイベントの両軸での活躍も期待されている。

    Midori Aoyama is a DJ, producer and party organizer who’ve been gracing the nightlife of Tokyo for a few years, and is now becoming one of the main forces for quality dance music in Japan. He’s running a club night called EUREKA!, inviting artists like Reel People, Atjazz and Kyodai, Detroit Swindle and Mad Mats. He had a remix from Swedish producer Rasmus Faber’s track ‘’Clear Rain’’ from his label Farplane in 2013. And releasing new Mix CD with Local Talk. ‘’Local Talk VS EUREKA! - Our Quality House’’ exclusive in Japan on November 2015.

    Midori Aoyama Home Page
    http://midoriaoyama.jp/

    Midori Aoyama SoundCloud
    http://soundcloud.com/midoriaoyama


    http://ifyr.tv/a4Ib
  • sio

    sio

    根っからのパーティピープル。ハウスDJ。
    20代前半よりDJ活動を始め、都内様々な場所でPLAY。
    LONDON滞在中も積極的にDJやオーガナイズを行なう。

    2012年より『EUREKA』をスタートさせ、都内随所でパーティをオーガナイズする。

    DEEPなHOUSE MUSICを中心に、アップリフティングなフロアを演出。

    『だれでも楽しめる空間を』モットーに勢力的に活動中。

    http://ifyr.tv/a56i
  • hiroshi kinoshita

    hiroshi kinoshita

    DJ / Organizer
    2009年に渡英した際HOUSE MUSICと出会い、2010年秋に帰国。帰国後わずか半年で自身のパーティーを立ち上げるだけなく、DJとしても活動を開始する。2012年には活動の拠点を地元福岡から東京に移し、新人ながらAIR・WOMB・VISION・ageHa・asia・moduleをはじめとする東京の主要クラブから都内の野外イベント・フェス・ビーチハウスなど、場所を問わず様々な現場でプレイしている。また2014年1月から「様々なパーティーで活躍するDJをピックアップし、HOUSE・TECHNOを中心とした良質な音楽をアットホームな空間で発信していく」をコンセプトに掲げたパーティー”the SESSION”を恵比寿BATICAにて始動。近年では恵比寿BATICAでの定期開催に留まらず、渋谷有数の BIG VENUEでのラウンジオーガナイズや約1000人規模のパーティーのプロデューサーを務める等、オーガナイザーとしても精力的に活動している。
    DJのスタイルはHouse, Deep Houseを軸に、時折Techno, Indie Dance, Tech House, Progressive House, Disco等を織り交ぜながらオーディエンスや空間を意識した選曲が特徴。

    <the SESSION>
    https://www.facebook.com/thesession.since2014

    http://ifyr.tv/a6yB
  • DJ KYOKO

    DJ KYOKO

    東京だけにとどまらず日本全国、アジア各国のダンス・フロアからラブ・コールが止まぬ存在となった新世代のアイコンDJ。 2003年に本格的なDJキャリアをスタートさせて以来、キュートなルックス&キャラクターからは想像できないパワフルさで年間120本に及ぶパーティの DJを務めあげ、国内外の有名DJ、気鋭アーティストとも多数共演を果たす。 2007年にはトーキョー・ガールズ・エレクトロ・パーティー[XXX]をスタート。2008年9月にはYATTと共にコンピレーション・アルバム『ELECTRO ME』の監修を務めた。2009年7月〜2010年12月にリリースされた OFFICIAL MIX CD『XXX』シリーズ4作は、MIX CDとしては異例の高セールスを記録。2012年1月にはPONY CANYONより『PAPER TRAIL OF NIGHTS』をリリース。2013年1月にはベルリンのレーベルFarbenより新作MIX CD『Time's Fool』をリリース。

    https://www.facebook.com/djkyokoofficial
    http://djkyoko-droptokyo.tumblr.com/


    http://ifyr.tv/a2pl
  • MOCA(ROSADO)

    MOCA(ROSADO)

    MOCA(freerange tokyo)

    90年代後半、ダンスミュージックと出会い99年よりDJ活動を開始。
    以降、都内各クラブはもちろん、音の演出においては様々な役割を担ってきた。代表的なものは、[東京モーターショウ]や[環境省主催/エコライフ・フェア2004]、[人権擁護団体主催アムネスティチャリティライブ2004@ZEPP TOKYO]、[東京デザイナーズブロック・イースト]、[I.G FESTA@東京ビッグサイト]などがあげられる。その他、数々の音楽フェスティバルへの出演もさながら、近年では、[渚]、[響]、[BIGBEACH FESTIVAL’11]へも出演するなど、本格派女性DJと称されている。そして、2010年より、Deep house界をリードするfreerangeのofficial party[freerange tokyo]のofficial DJとしても抜擢されている。その他の制作活動としては、2006年リリース[BIOSPHERE presented by Club M’s(マニュピレーター)]、2006年リリース[星野晃代-RollerGirl-(REMIX提供)]があげられる。
    活動期間10年という節目を越え、幅広く活動してきた経験を生かし、様々なエレメントが交差するグルーヴを基調とした’Wave Music’と形容するがごとく、ストーリー性あふれるようなスタイルでオーディエンスを恍惚のサウンドスケープへと導く。

    FACEBOOK http://www.facebook.com/tokudaMOCAhiroko
    RA http://www.residentadvisor.net/profile/djmoca
    SOUNDCLOUD http://soundcloud.com/moca702

    http://ifyr.tv/a2TV
  • USkey

    USkey

    USkey (USは大文字、keyは小文字)
    17歳でDJを始め、現在は都内を中心にDJ活動を行う。
    HOUSEを中心とした膨大な知識からの選曲で人々を魅了すると共に、
    「笹塚ボウル / SASAZUKABOWL」の PR 兼 PLANNER を務める。
    様々なジャンルへのコネクションを持ち、その Sence と Smile は唯一無二。


    http://ifyr.tv/a594
  • DJ YUSKAY

    DJ YUSKAY

    DJ YUSKAY
    2010年よりNew Yorkに渡米。渡米して半年程で全米屈指の高級Night ClubであるClub Marquee New Yorkの金曜日のOpenerのチャンスを掴みその後、Club Marqueeのレギュラーに抜擢された。 そこでの数々の経験を元に同系列Night ClubのElectric Room, No.8での仕事も任されることとなった。 そういった現地セレブリティやニューヨーカーの集まるClubでの彼のDJ Playでの経験が評価され、Greenhouse, WIP, Highline Ballroom, STK, Trump Hotel, Stone Rose Lounge, Hudson Hotelなど様々な場所での仕事の機会を得ることとなった。 2013年以降はSkam Artistの一員でもあるDJ Ross Oneと行動を共にし、彼の元で経験と知識を1oak, Avenue, Up and Down, Billionaire Room, Tao downtownなど数々の一流の現場で得ることとなった。

    http://ifyr.tv/aaRk
  • JIROTOKYO

    JIROTOKYO

    サイドMCとして、オランダ、ベルギー、イタリア、フランス、ドイツ、アメリカ、中国など海外のクラブやフェスにて出演。 国内では、KANYE WEST、T.I.、E-40、TOO SHORT、LIL JON、NE-YO、BOYZ II MENなどの海外HipHopアーティストのコンサートやイベントのほか、2014年"ULTRA MUSIC FESTIVAL JAPAN"のメインステージではSHINTAROのMCとして出演。2011年に“TOKYO HEADZ - BIGZAM feat. DABO, MICHO, & JIRO”に参加、2019年にNITRO MICROPHONE UNDERGROUND”LIVE 19”にはMCとして参加している。

    http://ifyr.tv/ado1